自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

気にしないというタフさ

気にしないというのと

 

 

気配りしないというのは、違います。

 

 

でも気配りするのと、

 

 

相手の機嫌を損ねないようにするのも

 

 

また、違うよね。

 

 

気にしないというのは、

 

 

わたしはそこに、何かを測るものさしをもってないです、

 

 

ということ。

 

 

着る服を気にしない、

 

 

寝癖を気にしない、

 

 

テストの結果を気にしない、

 

 

いいね!の数を気にしない。

 

 

無頓着なのではなく、

 

 

優劣をつけないし、いい悪いのジャッジもしないこと。

 

 

だから、人間関係で

 

 

この「気にしない」タフさをもつと、

 

 

すごく楽です。

 

 

誰と付き合ってても楽しいし、

 

 

嫌なこともそんなになくなります。

 

 

相手が自分をどう思うか、気にしないので

 

 

とても自由に喋れるし、

 

 

かといって、相手を攻撃する気持ちもないのだから、

 

 

ありのままです。

 

 

するとね、不思議なことに、

 

 

人から好かれるようになる。

 

 

人に好かれようと頑張っていたときは、

 

 

なんかちっともうまくいかなかったのに、

 

 

素の自分でいるようになったら、

 

 

友だちとの時間が増えて、楽しくなってきた!

 

 

「気にしない」

 

 

これは、強いです。

 

 

相手に〜〜こう思ってほしいもないし、

 

 

相手の反応に一喜一憂することもない。

 

 

相手がどう思うのか?は、

 

 

相手のテリトリーの問題であって

 

 

自分がどうのこうの、できることじゃない、

 

 

そんな肚の座り方です。

 

 

どうしたら、そんなタフさを身につけられるのかな?

 

 

どうしても、、他人の表情が気になるという人、多いですよね。

 

 

私がやったことが、不満だったのではないか。

 

 

今言ったことは、傷つけちゃったんじゃないか。

 

 

自慢してるように聞こえたんじゃないか。

 

もう、、、、、

 

 

相手がどう思ったのか?を気にしだしたら、

 

 

キリがない。

 

 

やめませんか?

 

 

タフに、なりませんか?

 

f:id:nt48131525n:20170131231821j:image

 

 

「このまんまの自分で、私は充分!」

 

 

 

そう思えたら、

 

 

タフではないですか?

 

 

いちいち、他人の評価なんて気にしないでしょ。

 

 

まわりからほめられることを、求めないのだもの。

 

 

もっというと、

 

 

大切な自分の価値を

 

 

他人になんて、決めさせない!ぐらいの

 

 

元気があってもいいかもしれません。

 

 

みんな、自分を卑下しすぎる。

 

 

ダメ出しばっかりやってる。

 

 

なんでもっと、自分をリスペクトしないのだろう。

 

 

もう、やめましょう。

 

 

タフに   なろう。

 

 

そしたらもっとリラックスして、

 

 

その人らしく、輝くんだと思います。