自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

何も怖くなくなるとき

ずっと不安だったり、

 

 

なかなか現実が思い通りにいかないと感じていたら、

 

 

それは、

 

 

自分が怖れているものが、

 

 

なにかが、あるからです。

 

 f:id:nt48131525n:20170214233125j:image

 

 

お金がなくなったら…

 

 

上手くいかなかったら…

 

 

気に入ってもらえなかったら…

 

 

嫌われたら…

 

 

結果が出せなかったら…

 

 

ほんとうに、ほんっとに!

 

 

私たちは動く前から考えてしまう。

 

 

ありとあらゆる、よくないことを。

 

 

動く前に、です。

 

 

完璧にやりたいと思う人、

 

 

自己評価が低い人ほど、

 

 

考えすぎて、不安にがんじがらめになって、、、

 

 

そして、動けない。

 

 

ついでに、動けてない自分を責める。

 

 

嫌ですね、そんな自分が。

 

 

 

そのスパイラル、どうしたら抜け出せるのか?

 

 

すべての準備が整うとか、すべての不安がなくなるなんてことは、

 

 

無いのだと、知ることです。

 

 

そうしたら、動けます。

 

 

不安を拭うのも、嫌なスパイラルから抜け出すのも、

 

 

答えはおんなじ。

 

 

 

動くことです。

 

 

 

すべてを綺麗に、上手に、最短で、

 

 

しかも効率よく、

 

 

なんて、あり得ない。

 

 

おまけにズバ抜けて上手にやろうなんて、

 

 

できると思いますか?

 

 

もし仮に、はじめはできたとしても、

 

 

それをやり続けられますか?

 

 

もう、怖いですよね。

 

 

怖い、のが招く結果には、ふたつのタイプあると思います。

 

 

怖いから見ない、やらない、

 

 

それは、結果を受け止める覚悟ができてないから。

 

 

怖いけど見る、やる、

 

 

結果もちゃんと受け止めよう、そしてそこからまた、考えればいい、と思えるから。

 

 

怖くなくなるのは、

 

 

不安な要素がなくなるからではなくて、

 

 

どうであっても、自分が選んだ結果、

 

 

動いた結果は、そのまま受け止める、

 

 

と思えたときです。

 

 

よくない結果だったとしたら、

 

 

やり方を工夫するとか、

 

 

考え方を変えるとか、

 

 

なにかまた、仕切り直せばいいのだもの。

 

 

なんだって、

 

 

最初から完璧に綺麗になんて、

 

 

いくわけないのだから!

 

 

そう思えていたら、

 

 

ちょっと違ったな、と思っても

 

 

また、やり直せます。

 

 

怖くなくなるのは、

 

 

結果によって自分の評価が左右されるわけではない、

 

 

と、腹の底で知ることからです。

 

 

私が考えて、私が選んで、

 

 

そしてやったのだから、

 

 

それで結果はすべて受け止めるし、

 

 

それでよし。

 

 

だからと言って、

 

 

誰の評価も判断も、要らないのです。

 

 

楽しく生きるのは、

 

 

自分自身なのだもの。

 

 

そう思えたら、

 

 

なにも怖くないです。

 

 

楽しく生きるのは、

 

 

なにもラッキーなことや、オシャレなことがあるからじゃなくて、

 

 

自分が選びながら生きている、という

 

 

ささやかな誇りみたいなもんですよね。

 

 

朝になにを食べるとか、

 

 

着ていく服も、

 

 

どんなことを話すのかも。

 

 

選んでいるんです。

 

 

誰かに会ったり喋ったりするときに、

 

 

まわりの評価を気にしてではなく、

 

 

素直な自分を表現することを選び続ける。

 

 

自分で選んだことを生きていくのだから、

 

 

怖くなんかないです。

 

 

 

怖いのは、

 

 

未来を見ようとしすぎてるせいかもしれません。

 

 

今いるところから、どれだけ具体的に見ようとしても、

 

 

今と未来をつなげられる証拠がないと、

 

 

やっぱり不安になるだけ。

 

 

証拠をどれだけ集めても、

 

 

安心までは、至らないでしょう…

 

 

いちばん安心な証拠は、

 

 

自分がやりたいように、なりたいように、

 

 

この一瞬、一瞬を

 

 

選んでいくだけです。