読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

決めつけないよ、おしまいにしないよ

あ〜またやっちゃった…

 

 

と、似たような失敗をした時に、

 

 

よし、次また気をつけよう、と思う人と

 

 

だから私ってダメなんだよね、、、と

 

 

自己卑下しちゃう人、

 

 

いますよね。

 

 

次また気をつけよう!と考える人は、

 

 

どこに気をつけたらいいのか、

 

 

ちゃんとポイントを押さえているけど、

 

 

自己卑下しちゃう人は、

 

 

失敗の原因を自分の性格かなんかのせいにして、

 

 

実は、どうしたらいいのかを

 

 

あまり考えてない。

 

 

 

自分がダメだから、こうなった

 

 

そんなふうに捉えているままでは、

 

 

なにかを変えようとする力は、

 

 

なかなか湧いてこないです。

 

 

どうせ〜〜だから

 

 

と、そこに原因を決めつけてませんか?

 

 

それでおしまいにしていませんか?

 

 

f:id:nt48131525n:20170217224603j:image

 

それだといつまでたっても

 

 

やっぱり同じことの繰り返し。

 

 

その心地よくないスパイラルを

 

 

嫌だなと、思うのなら

 

 

どうしたらいいのか

 

 

具体的なことを1つでも、

 

 

見つけると、いいね。

 

 

連絡すればよかった

 

 

確認すればよかった

 

 

ひとこと声かければよかった

 

 

謝ればよかった

 

 

伝えればよかった

 

 

ちょっと考えてみればよかった

 

 

 

私たちが繰り返してる後悔は、

 

 

そんなことの中に潜んでいる。

 

 

性格のせいや、環境のせい、

 

 

あるいは誰かのせいで、、こうなった、、、

 

 

なんてのは

 

 

人生の主導権を手放しちゃってるようなもんです。

 

 

どうしたらいいかは、

 

 

目の前にあるのだもの。

 

 

 

だって、自分の性格がなんたらかんたら、、、

 

 

だって今の状況ではこうだし、、、

 

 

だってあの人がこんなであんなで、、、

 

 

 

そう思うのなら、

 

 

なにを変えればいいの?

 

 

できることってなんだろう。

 

 

そもそも、ほんとに変えたい変わりたいと

 

 

願っているのかな。

 

 

だとしたら

 

 

変えるのは具体的なことです。

 

 

考え方、(どう捉えていくか)

 

 

話し方、(どんな言葉をつかうのか)

 

 

行動の仕方、(なにをして、なにをしないのか)

 

 

これだけ。

 

 

 

このうちどれかについて、あるいはぜんぶについて。

 

 

自分がいま実際にどうしているのか見つめてみると、

 

 

その通りの現実の中にいませんか?

 

 

なんだ

 

 

やってる通り、言ってる通り、思ってる通りじゃないか。

 

 

不安だって思うから、不安なんだし、

 

 

嫌われてるって思うから、そうだと決めつけて避けてるし、

 

 

きっとわかってくれないって思うから、

 

 

ほんとにわかってもらうためのことは、何もしてない、

 

 

なーんだ、その通りだ!

 

 

繰り返し、頭の中によぎること、

 

 

 

いつも考えていることが、あるかと思います。

 

 

でもね、ひょっとして

 

 

そのことについて、本気で答えを出そうとしていないのでは?

 

 

本気で変えようとしていないのでは?

 

 

だってね

 

変えていくのはすっごく怖いし、

 

とっても大変なんだもん

 

 

 

そうなんですよね。

 

ほんとは変えたいのではなく

 

 

どこかで変わりたくないとも

 

 

思っていたのかも、なんですね。

 

 

決めつけてしまって、そこでおしまいにしていると、

 

 

自分の本音にすら

 

 

たどり着けません。

 

 

おしまいにしちゃわないよう、

 

 

そうなのかな?どうなのかな?

 

 

そんな問いかけをいつも自分にしていきたい。