読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

私を苦しめてるのは○○でした

去年の今頃に、別のところで書いていた自分の記事を読んで、

 

なんとも言えない思いが胸にこみ上げました。

 

以下が、そうです。

 

 

《私たちはみんなが 影響し合って

支え合って 響き合って
そうしてやっと 存在している

それは 間違いない

そう 音叉の音が
ゆっくりと世界へ拡がり続けるようにね

 

さぁ そんな中で

私の立ち位置はどこだろう
いでたちはどんなだろう

 

決めるのは 知ってるのは

私だけ


書くことも

生きることも

そして 楽しむことも

みんな 私が決めたこと

 

こうして 存在していることに

すべてのものに あらゆることに
つながっていることを

ありがたいと思う》

 

 

自分のことはすべて

自分が選んでいることだけど、

 

けれど

 

 

果てしなく、、人と人は影響し合っている。

 

そのことへ、静かなあたたかい思いがあることが、

 

なんだかw 懐かしいような。

 

あの頃抱えていた不安や苦しみと、オーバーラップしながら、

 

ちょっと胸にきたのです。

 

 

 

 

苦しみを生むのはなんだろう

 

 

 

辛いとか、苦しいとか、

 

ありますね。

 

 

 

確かに

 

起こっている現実が、

 

強烈に心に苦しみを与えていることは

 

あります。

 

 

愛する人との死別や

 

 

納得のいかない離別など。

 

 

どうすればいいかの手立てがまるで思いつかない現実。

 

 

確かにそれは、苦しいです。

 

 

納得のいかないこと。

 

 

病気や出来事すべてに、

 

 

納得いくなんて、ないですよね。

 

 

そんなとき、どうしたらいいのだろう。

 

 

納得のいく、というのは

 

 

終わった後に思うことなのかな、と思います。

 

 

ひとことで言えることではないけれど、

 

 

納得というか、

 

 

それを受け止めます、の気持ちを持てないと、

 

 

 

やっぱり現実から受ける苦しみは、

 

 

 

終わらない。

 

 

 

でも、目の前で起こっていないことに

 

 

私たちは辛さや苦しみを感じていることも、

 

 

ありますね。

 

 

それは、

 

 

こうでなくちゃダメだ

 

 

認められなくちゃダメだ

 

 

上手でなきゃダメだ

 

 

明るくしてなきゃダメだ

 

 

ちゃんとしてなきゃダメだ

 

 

そんな、

 

 

一方的なダメ出しです。

 

 

現在のことに限らず、

 

 

過去のことにまでダメ出し、してることもよくあります。

 

 

ああだったから、

 

 

愛されなかったから、

 

 

受け止めてもらえなかったから、

 

 

分かり合えなかったから、

 

 

だから今の私はダメなの

 

 

 

そんなふうです。

 

 

では、問いかけます。

 

 

あなたが考えていることは、

 

 

ほんとうに、そうなのかな?

 

 

認められなきゃ!は、

 

 

誰かがそう決めたの?

 

 

ちゃんとしてなきゃ!でないと

 

 

ほんとにダメだった?

 

 

 

そう、思ってたんだよね、あなた自身が。

 

 

私は

 

 

自分を苦しめてるのは

 

 

自分だったのだと

 

 

明らかに、わかってしまいました。

 

 

〜〜でなきゃダメなんだ…と

 

 

繰り返し言い聞かせて、

 

 

ダメだよ、それじゃダメだよ、と

 

 

うるさいぐらいにダメ出しして。

 

 

私が自分に対してやっていたのは、

 

 

とても悲しい行為でした。

 

 

それは、なかなか簡単には剥がれない、

 

 

こびりついた思考。

 

 

ベリベリと

 

 

ベリベリと

 

 

剥がしていくたびに、

 

 

 

心は軽くなり、

 

 

世界は明るくなり、

 

 

生きてるのが楽しくなったのです。

 

f:id:nt48131525n:20170222193618j:image

 

 

気づけるときには、

 

 

気づけます。

 

 

風の色に

 

 

太陽のあたたかさに

 

 

樹々のささやきに

 

 

心が反応したりね。

 

 

誰かの言葉に

 

 

あの人の笑顔に

 

 

心が震えたりね。

 

 

誰だって気がつける。

 

 

そのアンテナをもっている。

 

 

あとは、

 

 

今を受け止める、どうであろうとも。

 

 

そして、それでも自分を苦しめてる犯人を見つけちゃえばいい。

 

 

「ダメ出しやる人」ですね。

 

 

見つけたら、「もう、やめようね」とだけ話して

 

 

無罪放免です。

 

 

そこから先は

 

 

たっぷりと愛していけばいいです。

 

 

この世も自分も。

 

 

無条件に愛せたら

 

 

ほんとに、生きてるのが楽しいです。

 

 

その方が、いい。

 

 

そう思います。