自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

見てきた景色に自信をもつ

どれだけ辛かった時があっても

 

 

どれだけ暗かった時があっても

 

 

今、こうして生きている自分に

 

 

もっと堂々と、自信をもったらいい。

 

 

今なお辛くて

 

 

今も暗くて

 

 

こんな自分はやっぱりダメだなんて、

 

 

いつまでも否定したまんま、

 

 

他人の承認を待つのですか?

 

 

誰かが承認してくれたら、

 

 

辛かった過去も、、暗い今も、

 

 

終わりがくるのですか?

 

 

f:id:nt48131525n:20170322231821j:image

 

 

いろんなことがあったとして、

 

 

それでも今生きてることを

 

 

すごい!よくやってる!

 

 

そんなふうに心から言えるのは、

 

 

自分です。

 

 

そう言って欲しい相手がいたとしても、

 

 

たとえ言ってくれたとしても、

 

 

自分がそう思えてないうちは、

 

 

きっと何度でも、問いたくなる。

 

 

「こんな私でいいのかな」

 

 

本人がいちばん自分を粗末に扱ってることに、

 

 

気がつかないと、

 

 

どれだけたくさんの人から承認を得ても、

 

 

満足しない。

 

 

あなたが

 

 

生きてきて、

 

 

そうして見てきた景色は、

 

 

他所のなにかとくらべる必要なんてない、

 

 

なにかを達成したとかも関係ない、

 

 

ただ、生きてきた、それだけで

 

 

 

すごいことなのだから。

 

 

そして、自分ひとりで生きてきたわけではないことに、

 

 

思いを馳せられるようになれたら、

 

 

心は

 

 

穏やかになれる。

 

 

誰かに与えてもらうものが、自信ではないよ。

 

 

自分が自分を信じることなのだもの。

 

 

これまで見てきた景色に、

 

 

そこで生きてきた自分に、

 

 

もっと、自信をもとう。

 

 

間違ってた? なら、この先やり直そう。

 

 

なにを間違ってたのか、

 

 

他人の評価を得るためにやることなんて、

 

 

あなたをほんとに満たすことはないのだから。

 

 

心の底から満たされたいなら、

 

 

自分によくよく、問いかけた方がいい。

 

 

「どうありたいの?どうしたいの?」

 

 

あなたを否定し続けているのは、

 

 

いったい誰なのか?

 

 

やることなすことに、いつも口を出してきて、

 

 

いいとか、悪いとか、ためになるとか、何か得られるとか、

 

 

そんなことばっかり、言ってる人。

 

 

欲しいものが得られるんじゃない。

 

 

見合ったものがいただけるだけ。

 

 

自信のなさを、得られるもので埋めようとする行為は、

 

 

やっぱり、終わりがないのだもの。

 

 

愛を得たいと思うのなら、

 

 

自分が自分を愛そう。

 

 

足らない、を埋めようとしても、

 

 

他人や物では

 

 

埋まらない。

 

 

いっとき満たされた感があったとしても、

 

 

すぐにまた、足らない…と、なる。

 

 

足らない足らない、といい続けていると、

 

 

まわりは寄り付かなくなってくる。

 

 

吸い取られるのは嫌だからね。

 

 

自分の根っこに

 

 

ほんとに栄養をあげられるのは、

 

 

親でも、パートナーでも、

 

 

ないよ。

 

 

自分だよ。

 

 

そこができて、ようやく、

 

 

まわりを愛せる人間になれる。

 

 

だから、

 

 

これまでどんなことがあったとしても、

 

 

見てきた景色に

 

 

自信をもとう。

 

 

愛そう。