自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

あなたならどんな色をつけるの?

心地よく生きよう!とする空気は

 

まずは自分を大切にね…というメッセージ。

 

ないがしろにされてきたものは、拗ねてたり、グレてたり、

 

素直じゃなくなっているからね。

 

カフェでなにを頼むのか、本当はなにが欲しいのか、ちゃんと自分の心に聞く。

 

グループで食事をするときに、まわりに合わせたりせずに、自分が食べたいものを選ぶ。

 

職場でなにか頼まれたときに、そんな余裕もないのに、何でもかんでも引き受けない。

 

 

日常のさまざまな場面で、

 

たくさんの選択を私たちはしてますね。

 

でも

 

もっと大事にした方がいいことを見落としがち!

 

行動ばかりに気を取られて、大切なことが抜けている!

 

 

それは

 

 

この状況に、どんな感情をもつの?ということ

 

そこを選びとっていきたいです。

 

行動ばかりに気を取られて、感情を野放しにすると、

 

「嫌なこと」は一向に減らないし

 

自分を生きづらくさせている「思考の癖」も

 

抜けないですね。

 

私は新しい場面で、めちゃくちゃ緊張するタイプです。

 

それは、ちゃんとやろうとするから。

 

上手くできないとダメだと思うから。

 

この感情を、野放しにしていると

 

「心地よくないからや〜〜めよっ」

 

となってしまいます。

 

すると、どうでしょう。

 

ちっとも楽しいことが増えない、

 

心地よい方を選んだはずなのに、なんか逃げてる感じがする、

 

これでいいのか?   と自問してしまいます。

 

そこで、

 

行動を選ぶことだけでなく

 

どんな感情をもつかに

 

ものすごく敏感になりました。

 

自分の感情にフォーカス。

 

するとなにが起こるかというと、

 

 

自分を俯瞰できるようになる。

 

 

私、いつもの癖で不安から逃げようとしているな…

 

不安になるのは、上手くやろうとするからだ…

 

できなくて当たり前なんだから、この私でいいじゃないか…

 

リラックスして、自然体で、いればいい…

 

自分で自分を評価するのはやめよう…

 

 

こんなふうに考え方が切り替わります。

 

そして、結果、感情が変化しています。

 

私はこれでいい

 

この気持ちでいけるのです。

 

f:id:nt48131525n:20170704080425j:image

 

そもそもなんで生きづらかったり、

 

苦しかったりがあるのか、

 

自分の心にどんな色をつけてるのか?によることも、多いのですね。

 

素直に生きるって

 

自分を飾り立てることでも、誤魔化すことでも、我慢させることでもないですね。

 

 

自分の心にどんな色をつけてるのか?

 

 

最近、つくづくそう思っています。