読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

しなくちゃ、を捨てませんか?

夫とうまくいってないのは

 

 

感謝の気持ちが足らないから。

 

 

自分の母親と仲が悪いのは

 

 

感謝の気持ちが足らないから。

 

 

なんに対しても、感謝の気持ちをもてたのなら

 

 

その人との関係はうまくいくはず。

 

 

でしょう?   と。

 

 

そう言われて、

 

 

はいそうです、と 頷けますか?

 

 

私は頷けません。

 

 

「感謝」という文字に

 

 

私たちは弱いです。

 

 

それには勝てない、なんでもそれで解決されちゃう…

 

 

感謝しなくちゃ だめでしょ

 

 

そんな思想に、縛られてはないですか?

 

 

感謝 しなくちゃ

 

 

その言葉に、、ぎゅうぎゅうに自分を苦しめてる人、

 

 

います。

 

 

でも、正直になってみて。

 

 

言いたいことを我慢して、

 

 

傷ついてる自分を放ったらかしにして

 

 

感謝 なんて  

 

 

できません。

 

 

傷ついたまま、抑えつけたまま、では

 

 

心は感謝という感情を生み出してはくれないです。

 

 

心は正直でしょう?

 

 

話しかけても返事をしてくれない夫、

 

 

まともに顔も合わせてくれない夫に、

 

 

ありがとうと、思えますか?

 

 

子どもの頃からずっと否定され続けて、

 

 

認めてもらえた、愛してもらえた、大事にしてもらえた

 

 

そんな実感のもてない母親に、

 

 

心からのありがとうが言えますか?

 

 

ありがとうを言えない私が悪いんだ

 

 

そうやって、傷ついてる心・言いたいことを我慢してきた心に

 

 

さらに我慢を強いるの?

 

f:id:nt48131525n:20170226215607j:image

 

 

しなくちゃ、と思っているうちは

 

 

感謝なんてできない。

 

 

しなくちゃいけない、を一度捨ててしまおう

 

 

正直な 気持ちをしっかり感じとる。

 

 

生身の自分をぜんぶ見る。

 

 

ここはいいけど、あそこは見ない、なんてことせずに。

 

 

ぜんぶ見てあげよう。

 

 

あなたが見なくて、

 

 

誰が本気で見てくれるの?

 

 

手をつないでほしかったのに、

 

 

叶わなかったことが、

 

 

どれだけ寂しかったのか…

 

 

作った料理に文句しか言われないことが、

 

 

どれだけ悲しいのか、

 

 

私は悲しかったし、寂しかったし、とても傷ついたんだ

 

 

その気持ちを

 

 

残らず、ぜんぶ!のいきおいで

 

 

解放しよう。

 

 

悲しかった自分を、何も悪くないのだからと、

 

 

抱きしめる。

 

 

そうして、出来るのなら

 

 

相手に伝えてみる。

 

 

そして、その結果相手がどんな反応をしようと、

 

 

そこは、見ない。

 

 

わかってもらうことじゃなく、まずは伝えること。

 

 

わかってもらうには

 

 

いろんな難しさがあるでしょう。

 

 

素直にごめんと言えない性格だったり、

 

 

何を今更と言われたり、

 

 

めんどくさいこと持ち出すなと、相手は怒るかもしれない。

 

 

けれど、

 

 

自分の気持ちを

 

 

押し殺したまんまは、よくない。

 

 

ゆっくり  ゆっくり

 

 

ぎゅうぎゅうになってた心をゆるませて

 

 

休ませてあげよう。

 

 

ぎゅうぎゅうにしめつけていた

 

 

しなくちゃ、という呪縛を

 

 

解いてあげよう。

 

 

私はこんなに悲しかったんだし、

 

傷ついていたんだし、

 

だから怒ってるんだから!

 

 

粗末にしちゃいけないのは、

 

 

自分の心に対して、です。

 

 

しなくちゃ  と思い込まない、

 

 

すると、抑えてた心の声が

 

 

聞こえてくると、思います。