自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 今 ここ 自分

安心という生きる力

不安や不満を抱えながら

 

人はそれでも「こんなもんかな」と

 

生き続けています。

 

私は、自分がとても辛かったときに

 

生き続けなくてはならない、ということが

 

実は、なによりいちばん苦しいことなのではないか?

 

そんなふうに考えていた時期がありました。

 

どう対処すればいいかわからないこと、

 

そのことを考えるだけで苦しくなってしまうこと、

 

そんなことだらけで、頭の中も心も、

 

占領されていたからです。

 

ただただ、なんとかしたい、なんとかならないものか、

 

もがいてるだけの日々でした。

 

そのころ、得たいと願っていたのは、

 

「 安心 」でした。

 

安心って、なんだろう…

 

このままで大丈夫、という、

 

確信みたいなものなのでしょうか。

 

このままの私で大丈夫

 

今のまんまで大丈夫

 

今大変だとしても、きっと大丈夫

 

そんな、未来への確信、なのかな、と

 

思います。

 

安心は、生きる力を生みますね。

 

そこに希望が加われば、

 

さらに前に進む力になります。

 

混沌とした苦しみの中で、何を解決したら安心できるのか?

 

何を手にしたら安心できるのか?

 

ほんとの答えは、その人にしか、わかりません。

 

はっきりと、自信を持って言えることは、

 

苦しみは、その人の何かを手放すことで、

 

ずいぶんと楽になる、ということです。

 

楽になるというのは、苦しみがそれほどのことでもなくなるということ。

 

何を手放すのか?

 

過去への思いなのか、植えつけられた価値観なのか、固定化された思い込みなのか。

 

現実はそのままであっても、

 

心の中での受け止め方が、変化することで、

 

いや、実際はそれでしか、

 

苦しみから解放されることは、ないのかもしれませんね。

 

現実をどうにかしようと格闘する方が、

 

苦しみはさらに、増していきます。

 

何が、そのことを苦しみとしてしまっているんだろう?

 

私の心の中の、なんなのだろう?

 

そんなふうに見つめることで、

 

安心への入り口に立てるのでは、ないかな、

 

そう思います。

 

「 安心 」

 

生きていていいよ

 

大丈夫だよ

 

そのままで

 

このままで

 

いいんだよ

 

「 安心 」を手にして、

 

人は、その人らしい輝きを取り戻す。

 

輝き始めたら、思い出せるのですね、

 

あぁ、これが、私だ…

 

これが私だったんだ…

 

そう、

 

その人らしく生きるために

 

安心は だいじ。

 

子供にとっても、大人にとっても、

 

その意味は変わりがありません。

 

あなたが安心するために、

 

何を手放せばいいのか?

 

囚われているものがあるとするのなら、

 

自分を見つめることで、なにかに気がつけるはずです。

 

外側の原因は、ほんとの原因では、ないのだから。

 

f:id:nt48131525n:20170507220222j:image