自分と生きる 今を生きる

いつでも楽しく生きてみる。 心がよろこぶことしよう。

明日また

今日が終わると、

明日からは、違う年号になる。

 

区切り、節目、年末、年始、抱負…

 

どうであろうと、自分の着地点は見据えていたい。

 

今日も、、明日も、、明後日も

 

自分のために、周りのために、

 

ひとつずつの、歩みを、このままずっと

 

f:id:nt48131525n:20181231200633j:image

 

そう、、願います。

ちゃんとしないと?

言われたことは、ちゃんとできなくてはならない。

 

言われたことは、ちゃんとやるべき。

 

その年齢なら、ちゃんとこうあるべき。

 

その立場なら、ちゃんととこうすべき。

 

 

そんなことが、たくさんたくさん

 

ありすぎる。

 

できない自分を認めたくない、優秀と言われてきた人たちほど、

 

「ちゃんと」の呪いにかかりやすい。

 

呪いと書いたのは、

 

自分で、自分を、こうでなくちゃゆるさない!と縛っているから。

 

できても、できなくても

 

どっちてもいいし。

 

あなたが優秀かどうかなんて、

 

他人にとってさほど大きな事柄じゃないから。

 

 

それなのに、気になって仕方ないのは、

 

「ちゃんとしなくちゃ」「できなくちゃ」

 

という、、、、呪いにがんじがらめにやってるからだ。

 

f:id:nt48131525n:20181229230445j:image

 

 

もっと自由でいいし

 

ものすごく世界は広いし

 

そして、楽しいんだから…

 

 

 

自分で自分を苦しめてることに

 

いいかげん早く、気がついたらいいのにな

 

 

なんて。そう思う年の暮れ、、です。

 

 

 

もっと

15年前のあの娘にあいたい

3人の子供

 

ということが、どれだけ私の喜びか…

 

1人でも2人でも、同じように、喜びだと思う。

 

子供がいない人が不幸というのではなくて

 

私がたまたま、子供がいる家庭を望んでいて

 

そして

 

3人の子供の、母になれた

 

そんな素朴な喜びだ。

 

私は、ずっと「家庭」にこだわって生きてきたから…

 

f:id:nt48131525n:20181225205910j:image

 

「家庭」という環境が、その人の心にどれだけ影響を与えるのか、を、思うと

 

私は

 

母親としての自分を

 

ものすごくだいじに思っていた。

 

お金がなくても、地位なんてなくても、

 

その、家庭の中で、

 

自分が愛され、承認され、大切にされ、

 

それだけで、いい。

 

自分が愛され、承認され、大切にされている、

 

その、実感が何よりのもの。

 

でないと、生きていく人格の根っこが違うから。

 

私は本気で

 

そう思う。

 

今日は、3人目の子供であり、長女である娘の

 

誕生日。

 

f:id:nt48131525n:20181225210729j:image

 

愛おしい…

 

それだけ。

 

この子がお腹に宿ってからずっと、私は彼女に話しかけ続けていた。

 

ママは、あなたが、大好きだよ…

 

なぜかはわからないけど、女の子という確信があった。

 

その娘は今、母と2人の生活の中で

 

最大限に

 

自分を表現しているように

 

私からは見える。

 

私たち母子の結びつきは、どうしたって強い。

 

いろんなことを、

 

ふたりで、

 

過ごしてきたんだから。

 

彼女は、いろんな話を私にする。

 

共感を求めて…

 

わたしも娘に、素直に問いかける。

 

「これって、どうかな?」

 

「こんなだけど、どう思う?」

 

すべてをさらけ出してるとは思わないけれど

 

彼女の心の、支えとか、重しとか、

 

なんか、

 

そんなものになれていたらいいな。

 

15年前のあの娘は

 

ぴかぴかに輝いて、

 

私の中から生まれてきた。

 

感動以外の、なにものでもなかった。

 

うれしくてうれしくて、

 

それだけだった…。

 

生まれてきたんだから、楽しんで生きていってね!

 

私から娘に伝えたいことは、、これ。

 

 

 

 

 

 

2年前のクリスマス

こんなことを

考えていたんだな…

たしかに  とても辛いときだった

読むと、あの頃の自分が痛すぎて

ちょっとしんどいけど

2年が過ぎて

こんなふうになるなんて

 

http://narinari555.hatenablog.com/entry/%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89

それでいいんだろうか

関わり合いの中で

 

その人に強いストレスを感じさせるものだから

 

大声を出したり、怒ったり、

 

そんな拒否反応をするんだという、

 

とても、シンプルなことなのに。

 

「精神科のお医者様が病気と言ってるのだから、そうでしょう」

 

というなんて

 

なんの疑問も、違和感も

 

感じないのだろうか…

 

その人は、現場の責任者でありながら

 

だいじなことに

 

自分の判断をするという役目や、人の心に対する配慮が

 

なさ過ぎる感じがした…

 

それでいいんだろうか

 

メリークリスマス ですね

クリスマスイブの夜

 

誰と一緒にいますか?

 

誰と一緒にいたいですか?

 

1人でいても、、、どんなことを思い浮かべていますか?

 

とにかく

 

自分が幸せでいる映像をイメージしよう

 

どんなふうなら  幸せなのか?

 

そこを、わかっているかどうか

 

だって…

 

誰があなたを幸せにするの?

 

外の世界は、あなたのオーダー通りに動きはしないから

 

そして

 

自分の幸せは、自分がいちばん知っている…はず

 

f:id:nt48131525n:20181224230427j:image